トップ

歯科の新しい常識

歯科について知ること

歯科治療中に影響する英語の発音

歯科で治療を受けている期間中には、英語の発音がしにくい場合があります。特に前歯を失った場合には、発音に大きな影響を与えて、日常生活に支障が出る場合があります。日本語を使う場合であっても、一部の子音の発声に影響が出る場合も珍しくありません。歯科において早めに治療を完結して、発音の問題を解決したいところですが、急ぎすぎるのもよくありません。ブリッジの治療を受ける場合には、発声に影響が出てしまうことがあるため、時間をかけて慎重に行う必要があります。被せ物をした後に異常があった場合には、すぐに再受診して、メンテナンスをしてもらうことが大切です。

英語でも安心して受診できる

日本に滞在、もしくは永住している外国人は年々増加傾向にあるため、口腔トラブルに悩んで困っているケースは多々あります。そんなときは英語でも安心して受診できる歯科を探すことによって、日本語に不自由でも自分が抱える痛みや悩みを的確に医師に伝え、医師からの説明もきちんと把握したうえで治療を受けることが出来るというメリットがあります。歯科で使われる専門用語は、簡単な日本語にしてもニュアンスが伝わりにくい場合があるため、英語に対応してくれるところを探して受診すれば良いでしょう。近年は都会だけでなく、田舎でも探せば対応してくれるケースが多々あります。

↑PAGE TOP

© Copyright 歯科について知ること. All rights reserved.